ウィル不動産販売へマンション売却、手数料や口コミを分析

ウィル不動産販売へマンション売却、手数料や口コミを分析 不動産売買業者比較

ウィル不動産販売は神戸大阪に強い不動産仲介事業者です。神戸と大阪にエリアを限定することで、詳しい情報や地域の人から厚い信頼を得ることができます。その結果、マンションの売却した人の7割が3カ月以内に成立しているのです。

不動産業者の中には、マンションを売却しようと掲載したが全く売却成立せず、困っている人もいます。さらに、ウィル不動産販売は平日会員で買い手の仲介手数料をキャッシュバックするサービスや、独自の実績データを利用したバリューメーターで売却相場と売却価格を一目で見分けることができるのです。

特徴的で魅力的な機能をもっているため、マンションを売る人は買い手が付きやすく、根拠を元に売却額を決めることができます。また、売る側にも仲介手数料を最大で半額にできるサービスまであるのです。

今回は、ウィル不動産販売でマンション売却をした人の口コミや評判をもとに、サービス内容の魅力や仲介手数料のサービス内容を詳しく説明していきます。手数料が安すぎる不動産業者への落とし穴やカラクリを知って、損をしないマンション売却の知識を身に付けましょう。

ウィル不動産販売でマンション売却をするメリット・デメリット

ウィル不動産販売でマンション売却をするメリット・デメリット

ウィル不動産は、神戸と大阪の物件を取り扱っています。売却実績は7100件以上で購入を検討する人は常に4259組もいるので、実績や影響力が格段に高いのです。

中でも、阪神間から北摂エリアのマンションや土地などの売買や買取に強く、マンション売却から売却成立までは早い特徴があります。大阪や神戸でマンションを購入や売却をしたい人におすすめの不動産会社なのです。

そんな、ウィル不動産を利用するメリットとデメリットを紹介していきましょう。

メリット

仲介手数料のキャッシュバック制度

マンションなどを購入する際、売却者だけでなく購入者にも仲介手数料が発生します。そのため、買い手は予算が足りず売買契約をためらってしまうケースがあるのです。

ウィル不動産では、平日会員になり平日に物件探しを行えば買い手の仲介手数料を30%キャッシュバックする制度を設けています。これにより、買い手は一般の不動産会社よりも購入しやすくなり、マンションを売却する側も売れる可能性が上がるのです。

つまり、仲介手数料のキャッシュバック制度を利用することで、買う側も売る側もメリットが出る仕組みなのです。

物件検索サイト

ウィル不動産では、ネット上の物件サイトに力を入れています。というのも、広告を見るよりもスマホを常に見ている時代だからです。そのため、物件を探す場合もサイトで検索する人が増えています。ウィル不動産の物件検索サイトは、探しやすい、画像が多い、見やすいという特徴があるのです。

これにより、買う側は購入したいマンションのイメージをより鮮明に持つことができます。画像も見えにくく、自分のニーズに合った物件を探せなければマンションを見たいとも考えませんよね。この物件検索サイトのクオリティが高いため、物件訪問者や購入者が集まりやすくなっているといえます。

また、ウィルの物件検索サイトは、不動産とサイトが直結しているため、サイトに問い合わせるだけで見学や購入の相談が可能です。物件サイトの中には、サイト掲載する会社と不動産会社が別々で、数回の問い合わせが必要な場合があります。

このケースだと、実際に見学にいくまでに手間や時間がかかってしまうので面倒なのです。その点、スムーズにマンションの見学や購入が可能なのでメリットの高い物件検索サイトだといえるでしょう。

マンション専用サイトがある

ウィル不動産は、マンション売買に強い不動産会社です。そのため、マンション専用のサイトがあり、予算や自分の好きな条件を絞り込み自分にあったマンションを検索することができます。

マンションや賃貸、一軒家などをすべて掲載しているサイトでは絞り込むと検索数が少ない傾向があるのです。一方、マンション専用サイトはマンションに特化しているため件数も多く理想の物件を見つけやすいメリットがあります。

この、マンション特化サイトがあることで、売る側のマンション物件が埋もれにくくなり約7割の人が3カ月以内にマンション売却を成立させているのです。そのため、マンションをできるだけ早く売却したい人には、大変メリットの高いサービスだといえるでしょう。

デメリット

平日に利用する人が少ない

ウィル不動産では、平日に手数料が安くなるサービスを行っています。ただ、多くのサラリーマンは休日にしかマンションを見に行けないのが現状なのです。

平日に休みが取れる人や、自営業や専業主婦などにはメリットはあるのでしょう。また、売買価格が1000万円未満の場合は対象外となってしまうので、1000万円以下の購入率は若干下がってしまいます。

そのため、1000万円以下のマンションを売却しようと考えている人は、キャッシュバック制度を利用する買い手をターゲットにするか、安い売却額で売っていくかを検討する必要があるのでしょう。

ネットを使えない人に不便

ウィル不動産では、物件検索サイトや広告などで情報提供を行っています。中でも、物件検索サイトに公表がありますが、中にはネットを利用できない人もいるのです。

ネットを利用できない人は、広告のみを見て、マンションの購入を検討することになります。対象エリアが大阪や神戸に限定されているため、地方から大阪や神戸に移住を考えている人には広告を見ることができないのです。

ネットが普及している現在ですが、ネットを利用していない人には物件を見てもらえないデメリットはあるでしょう。

ウィル不動産販売にマンション売却をした人達の口コミ

ウィル不動産販売にマンション売却をした人達の口コミ

実際に、ウィル不動産販売でマンションを売却した人の口コミを参考にすることは大切です。利用した人の口コミを見れば、自分に合っているかを知ることができます。

ウィル不動産でマンション売却を依頼する前に、必ず口コミを参考しておきましょう。

悪い口コミ

悪い口コミは、少なかったもののマンション売却時のスタッフの対応に問題があると意見する人もいました。ウィル不動産では、売却価格を高くしすぎない点も重点においています。

売却額を高く設定すると、物件が売れなくなってしまうからです。その点、やはり売却する人は、新居やローンの残金を計算した金額を売却額に乗せる傾向があります。その際に、スタッフから「資産的な問題もある」などの意見を言われたことに対して、下手に見られていると感じる人もいたようです。

ただ、結局スタッフの意見を参考にしてマンション売却が成立した点を踏まえると正しいアドバイスだといえます。捉え方にもよりますが、資産面や金銭面に厳しいアドバイスは売却成立のためと我慢しましょう。

良い口コミ

マンション売却の手続きだけでなく、新居の購入までの手続きをすべて任せられるのは嬉しいサービスだと思う人が多い傾向がありました。また、マンションの売却と購入を1つの不動産会社で行えるのは助かりますし、マンション売却で残ったローンも新居のローンに組み込める制度を知って安心する人もいます。

サイトの写真が多く見やすいのも嬉しいという口コミも多いようです。主に売却後の新居購入時にサイトを見るのですが、一軒家を検討する人にも間取りやレイアウトの参考になると好評を受けています。

ウィル不動産は、大阪・神戸のエリア限定で地域密着型の点も親近感がわいて相談しやすいという意見もありました。また、スタッフの対応も良かった点から、相談しやすい雰囲気作りが売買契約率に反映されているようです。

築年数の経っている物件でも簡単に売れたので驚いている人もいました。さらに、ウィル不動産でリノベーションを行った元自分の家を見て関心や売り方の勉強になったと感じる人が多い傾向にあります。

やはり、売買以外でもサイトの利用価値があるのは広告上大きなメリットでもあるため、現代のニーズをしっかりとつかんでいることがわかります。

口コミの総評

ウィル不動産のアドバイスでは、売れにくい物件や築年数が立ちすぎている物件には、リフォームや価格設定の見直しをする場合があります。これは、今までの実績から物件が売れにくいことを考慮してのアドバイスです。

中には、ウィル不動産のアドバイスを不快に感じる人もいるため、相談する前に自分の思いで売りたいのか、売却を優先するのかを判断して相談すると良いでしょう。

ただ、ウィル不動産の高評価が圧倒的に多かったため、サイトのクオリティやサービスは非常に高いといえます。実際に、売却実績も高いことから、細かいことはおまかせしたい人にはとても有効な不動産会社だといえるでしょう。

マンション売却にかかる手数料

マンション売却にかかる手数料

不動産を仲介して、マンションを売る場合は一般的に仲介手数料が

  • 「売買価格×3%+6万円+消費税」

が発生します。マンションを売る側にとって、仲介手数料は諸経費の約45%を占めるのです。

そのため、マンション売却で手取りを多くするためには、仲介手数料を1円でも安くすることが重要となってきます。ウィル不動産では、この仲介手数料を抑えることが可能なサービスを行っているのです。

ウィル不動産も通常の仲介手数料は、一般の計算式と変わりありません。ただ、条件が揃えば最大で仲介手数料を半額まで抑えることができるのです。

「条件」

  • 1カ月以内で売却成立の場合は半額になる。売買価格×1.5%+3万円
  • 2カ月以内で売却成立の場合は33%引きになる。売買価格×2%+4万円
  • 3カ月以内で売却成立の場合は6万円引きになる。売買価格×3%

例えば、マンションを1000万円で売却した場合、

  • 1カ月以内だと180000円
  • 2カ月だと120000円
  • 3カ月だと60000円

もお得になる計算です。

マンション売却の仲介手数料は、普通の買い物と比べものにならないくらい高額となってきます。そのため、仲介手数料が半額になるサービスは非常にメリットが高いといえるでしょう。ただ、仲介手数料の割引を受けるためには、最大でも3カ月以内にマンションを売却しなければなりません。

つまり、早く売れなければウィル不動産の仲介手数料は一般と同じなのです。その点、ウィル不動産販売では、3カ月以内で売買契約が成立した人が全体の70%を占めている点が安心材料となってきます。ウィル不動産は、大阪・神戸にとても強いことを活かし、物件が売れやすくなる方法を知っているのです。

そのため、マンションを早く売却できるだけでなく、仲介手数料を格安にすることも難しい話ではないといえます。できるだけ、仲介手数料を下げたい人はウィル不動産でマンションを売却することも良い方法だといえるでしょう。

次に、中には仲介手数料が無料なサービスを行っている不動産もあります。この場合、確かに諸経費は安くなりますが大きな落とし穴があるのです。

まず、なぜ、仲介手数料を無料にできるのかご存じですか。それは、自社の買主にだけ物件を紹介しているからです。仲介手数料が発生する不動産は、レインズと呼ばれる物件情報を交換するシステムを利用しています。

このレインズを利用することで、会員の不動産が持っている物件情報を共有することが可能になり、広告力の強化や売却価格の指標にすることができるのです。レインズの会員になると、物件が売れやすくなる半面、費用も加わってしまいます。

そのため、仲介手数料が発生するのです。一方、仲介手数料が無料の不動産屋は、レインズに登録していないため物件の広告力が弱く、その差はその差は約3万人の見込み購入見込客を捨てることと同じであり、売れない物件が多く出てしまうデメリットがあります。

どんなに仲介手数料が無料だからといっても、マンションが売れなければ意味がありませんよね。だから、仲介手数料が無料の不動産を利用する場合は注意が必要なのです。

マンションを確実に売却したい人やできるだけ早く売却したい人は、レインズに登録しているかを確認し、仲介手数料を安くできる不動産がおすすめといえるでしょう。

大阪でマンション売却ができる不動産を徹底比較

大阪でマンション売却ができる不動産を徹底比較

大阪で実績の高い不動産を比較し、サービス内容や売却スピードを詳しく解説していきます。自分の重視するポイントを踏まえて、マンション売却したい不動産を探しましょう。

企業名 売却スピード サービス内容
三井のリハウス 最短1カ月程度
  • 大手不動産会社で、販売力や情報量は多い。
  • 売却のみで買取は行っていない。
  • 全国に対応している
  • ガスコンロの動作確認など設備調査を無料でおこなっており、補修費用が無料
住友不動産販売 最短1カ月程度
  • 全国に対応
  • 期間限定で物件の状態を調査してくれる
  • 売却保証が付いている
  • 買い替えの購入資金を立て替えてくれる。
FUKUYA 最短1カ月程度
  • 過去にFUKUYAグループで売却や買取をした人を対象に、2度目の売却で仲介手数料が20%割引。
  • 首都圏、関西、福岡に対応
  • 新居をFUKUYAで買うとリフォームのローンが無金利になる
ウィル不動産 最短1週間程度
  • 仲介手数料が最大で半額になる
  • マンションの簡易査定や訪問査定ができる
  • 対応エリアは大阪
  • 神戸のみ
  • マンション売却に関するアドバイスを受けられる
  • 売却→新居購入まで1社で行える

上記のように、対応しているエリアが業者ごとに違うことがわかります。そのため、マンションを売却する場合に自分の住んでいる地域が対応エリアに入っているかに注意しておきましょう。

また、早くマンションを売却したい人は、圧倒的に早いウィル不動産がおすすめです。最短1週間はあくまでも目安ですが、他社に比べて早いことは明らかでしょう。

他にも、売却保証サービスや設備調査など各業者だけにあるメリットもあります。この比較を参考に自分がマンションを売る際、重視しているポイントと照らし合わせて不動産業者を見つけると良いでしょう。

マンション売却に自信がない人はウィル不動産販売がおすすめ

マンション売却に自信がない人はウィル不動産販売がおすすめ

ウィル不動産販売なら、マンションの状態に合わせてリフォームの有無などをスタッフが丁寧にアドバイスしてくれるのでマンションを早く売ることが可能です。自分に全く売り方の知識がない人や、仲介手数料を安く済ませたい人はウィル不動産販売に依頼すると良いでしょう。

ただし、ウィル不動産は大阪と神戸エリアにしかありません。大阪や神戸にマンションを持っている人は、地域に特化しておる分強力な味方となりますが、対応していないエリアに住んでいる人は、比較した不動産を参考に決める必要があります。

大阪・神戸エリアのマンション売却を検討している人は、よりお得なウィル不動産に依頼してみてはいかがでしょうか。

コメント