ホームインスペクターの試験と難易度。どういった事ができる職業なのか

ホームインスペクターの試験と難易度。どういった事ができる職業なのか 不動産全般の知識

ホームインスペクターという言葉をご存知でしょうか?

中古住宅を売買する場合、劣化状況や欠陥の有無、改修の要不要はとても重要なことであり、場合によっては多額の金銭と信頼が絡むトラブルに発展する場合もあります。

それらを未然に防ぎ、健全な中古物件の売買をサポートするのがホームインスペクターです。ホームインスペクターはいわば、住宅の健康診断をする人!

不動産業界や建築業界から注目されている資格です。

ホームインスペクターってなんか名前がかっこいいね。

ホームインスペクターは住宅の一次診断ができる資格です。どんなことをして何ができるのかについて紹介します。

ホームインスペクターってどんな資格?

ホームインスペクターってどんな資格?

ホームインスペクターとはどのような資格なのかについて紹介をします。

ホームインスペクターはホームインスペクションをする人

ホームインスペクターは住宅診断士とも呼ばれ、ホームインスペクション、つまり住宅診断を第三者的な立場あるいは専門家として行います。

住宅の劣化具合、欠陥の有無、改修の必要性、それらの時期や費用などを見極めるのです。ホームインスペクターは民間資格で、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会(JSHI)https://www.jshi.org/が管理をしています。2009年から実施されました。

ホームインスペクターの診断方法は?

ホームインスペクターは屋根、外壁、室内、小屋裏、天井裏、設備の状態、床下などを診断します。

機材を使う場合もありますが、基本は目視です。

  • 基礎ならばひび割れや欠損、水染みの痕、鉄筋の露出、浮き、剥がれなどがあるか。
  • 外壁ならばひび割れ、欠損、チョーキング、苔、変色、退職、水染みの痕、剥がれ、サビ、腐食、隙間などがあるか。

屋根ならばひび割れ、ずれ、剥がれ、腐食、変色、退色などがあるか。

  • 床ならば剥がれ、我、欠損、めくれ、腐食、カビ、床鳴り、きしみなどがあるか。

階段ならば沈み、軋みなどがあるか。

設備面は給水設備、給湯設備、排水設備、換気設備などをチェックします。

目視だけでも分かることが沢山あるんだね。

外回り、室内、床下、天井裏、設備などの5項目に渡って細かく診断します。

じゃぁとても時間がかかったりするんですか?

戸建てだったら2~3時間程度です。料金は5~6万円が相場のようですね。

ホームインスペクターに全体的な診断をしてもらった後に、必要な個所を精密検査した方が時間とお金を節約できるね。

ホームインスペクターによる判断は万能?

ホームインスペクターによる判断は万能?

ホームインスペクターによるホームインスペクションは万能ではありません。人間に置き換えて言うのならば「健康診断」に相当するものです。

人は健康診断の結果によって、ひとまず問題なし、精密検査、経過観察、治療が必要などの結果が分かります。ホームインスペクターも診断した上で、専門的な精密検査や改修をすすめるのです。

最初から全ての項目に置いて精密検査を行うよりも、迅速でリーズナブルに物件の状態を診断することができます。

ホームインスペクターの実際の活躍の場は?将来性は?

ホームインスペクターは民間資格でこそありますが、不動産の売買や査定に関わる人、中古住宅を売り買いしたい個人にとってとても頼もしい存在です。

中古住宅を購入したい消費者

中古住宅を購入する消費者は様々な不安を抱えています。買ったあとどれくらい持つのか、どんなメンテナンスがいつどこに必要でいくらくらいかかるのかを知りたがっており、高い買い物なのだから信頼できる専門家に見てもらいたいと願っています。

中古物件を売りたい人

売主は家の状態を明らかにして適正な価格で売りたい、売買後の瑕疵関係のトラブルを防ぎたいと思っています。

中古物件は売買が成立した後に瑕疵が見つかった場合、売主が慰謝料や修理費用などを負担しなければなりません。

中古物件が売れて一安心と思った矢先にそんなトラブルはいやだなー。

瑕疵は証明が難しい上、多額になりやすいので何年も泥沼の争いになることもあります。

先にホームインスペクターに診断してもらったら安心だね。

国の政策も活躍の場を後押し

日本の住宅政策では中古住宅の流通を促進していているので、ホームインスペクターの需要は今後ますます高まるでしょう。

中古住宅の売買では適切なメンテナンスがとても重要です。売買の際にホームインスペクターによる診断を行うことでリフォームや改修が必要な個所を早く見つけることができ、住宅の寿命を延ばすことができます。

プロフェッショナル且つ中立的な立場で家を診断して欲しい人にとって、ホームインスペクターは頼もしい存在なんですね。

物件は築年数だけでなく、適切なメンテナンスをしてあるかどうかでも価値や住みやすさは大きく変わります。

ホームインスペクターの試験内容について

ホームインスペクターの試験内容について

JSHI公認ホームインスペクターの試験内容について紹介します。

ホームインスペクターの受験資格

ホームインスペクターの受験資格は特になく、年齢、学歴、実務経験、取得資格などは問われません。誰でも試験を受けることができます。

誰でも受験OKなんだね。

とはいえ、実際に受験をしているのは建築業界や不動産業界の従事者ですね。とはいえ、実務経験や取得資格を問わないので幅広い人が受験をします。

ホームインスペクターの申込期間と実施日と合格発表について

試験の申込期間は毎年6月下旬から10月中旬になります。試験日は毎年11月中旬の日曜日で、時間は90分間です。合格発表は12月下旬にホームページ、郵送で通知され、この時に可否だけでなく、点数も分かります。詳しくはJSHIのホームページで確認をしましょう。

ホームインスペクターの試験内容

ホームインスペクターの試験は50問で四択式です。合格ラインは50点満点中34~39点となっています(年によって変動あり)。出題範囲は以下の8項目についてです。

住宅に関わる建築の法規や実務範囲のガイドラインに関すること

  • 木造住宅、マンションの主に構造に関すること
  • 住宅の給排水、衛生、空調、電気設備等の呼称や一般的な仕様に関すること
  • 木造住宅、マンションの施工に関すること
  • 木造住宅、マンションの劣化の判断に関すること
  • 住宅の調査・診断方法に関すること
  • 報告書の作成に関すること
  • 一般的な住宅の売買・取引の形態や契約に関すること
  • 業務に関するコンプライアンス、モラル、マナーに関すること

モラルやマナーについても出題されるのですね。

中立的な立場で公正な診断をすることが求められますからね。また、かつては中古木造一戸建てのみが試験対象でしたが、2012年からは既存マンションも対象になっています。

ホームインスペクターの試験会場

ホームインスペクターの試験は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の7カ所で行われます。

ホームインスペクター試験の申込方法

JAHIホームページ、もしくは郵送で申し込みができます。受験料は14000円です。

ホームインスペクターの難易度は?合格するためには?

ホームインスペクターの難易度はかなり高めです。しっかりと準備をして臨む必要があります。

ホームインスペクターの合格率は?

ホームインスペクターの合格率は約30%です。かなり難易度の高い試験と言えるでしょう。2018年は884人が受験をし、合格者は282人でした。

しっかりと準備をして挑むことが必要なんだね。

2009年から2018年の10年間で2922人が合格しました。資格を持っている人がまだまだ少ないからこそねらい目ですよ!

ホームインスペクターの勉強方法は?

ホームインスペクターに受かるためにはしっかりとした勉強が必要です。参考書とWeb講習会を活用しましょう。参考書はJSHI監修の過去問とテキストがAmazonで販売されています。

その他、国土交通省 既存住宅インスペクション・ガイドラインなどもおすすめです。Web講習会は毎年9月上旬頃からJSHIのホームページで購入ができます。

JSHIのホームページには合格者の座談会もあるので、勉強方法を参考にしたりモチベーションを上げたりしましょう。

合格したら座談会に出て語ってみたいなぁ……。

ホームインスペクターになるためには合格後に登録を!

ホームインスペクターになるためには合格後に登録を!

JSHI公認ホームインスペクターとして活躍するためには、ホームインスペクターの試験に合格しただけではダメです。その後に認定会員として登録をする必要があります。

認定会員となる資格とは

認定会員になるためには合格発表から2年以内、かつJSHIが定めた欠格事項に該当しない人です。合格発表から2年以上経過したり退会後に再登録を希望したりした場合は再登録試験が必要になります。

欠格事項とは反社会勢力に関わっていないことや住民登録や外国人登録が無い人などです。

ホームインスペクターの納入費用

初回納入費は35,000円です。入会金が13,000円で年会費が22,000円となります。入会金は初回のみです。

すぐにホームインスペクターの資格を生かして仕事をしない場合は、【実務未登録者】としての認定会員がおすすめです。JSHI専用の保険に入らないなどの代わりに年会費が安くなります。

ホームインスペクターの有効期間と更新について

ホームインスペクターは合格した後に入会審査をし、それが通ると晴れて入会となります。有効期間は2年間で、更新の際には更新講習を受けましょう。

認定会員となるメリット

ホームインスペクターとして認定会員になるメリットは多岐にわたります。

  • 協会ホームぺージ「ホームインペクター検索」へ掲載されることにより、仕事の依頼を得られやすくなります。
  • 請負業者賠償責任保険(ホームインスペクター専用賠償責任保険)の団体加入ができ、安心して業務ができます。
  • JSHI行員ホームインスペクター【認定会員】登録証書、登録カードの授与。
  • 会員ページの利用することによりセミナー映像の視聴や求人情報の閲覧ができます。
  • 報告書作成システムの利用ができます。
  • 会員限定セミナーの出席資格が得られます。(参加費がかかります)
  • 協会ロゴマークの使用ができるので仕事で信頼されやすくなります。
  • メールマガジン「JSHIニュース」が利用できます。
  • 会報誌「ホームインスペクターズ・ジャパン」の配布。

せっかく合格したのならば認定会員にならないと損だね。協会ロゴマーク、かっこいい♪

ホームインスペクター以外の類似資格について

住宅の状態を診断するのはホームインスペクターだけではありません。ホームインスペクター以外の類似資格についても紹介します。仕事の幅を広げることができるでしょう。

建築士会インスペクター

建築士会が主催している登録制度です。1級建築士、二級建築士、木造建築士に登録資格があります。

都道府県建築士会・建築士会連合会が実施する「天筑紫会インスペクター講座」を受講し、試験に合格すると取得できます。3年ごとの登録制です。

既存住宅状況調査技術者

既存住宅状況調査技術者は国土交通省が建築状況調査の人材確保、検査の質の確保・工場を目的として創設した講習制度です。建築士を対象としています。平成29年2月3日に作られたばかりです。

建築士系の資格を持っていない人はとりあえずホームインスペクターかな?

そうですね。

ホームインスペクターは中立的な立場で中古住宅を診断する頼れる存在

ホームインスペクターは中立的な立場で中古住宅を診断する頼れる存在

ホームインスペクターは中古住宅を中立的な立場で診断をする人です。ホームインスペクターになるためには日本ホームインスペクターズ協会が行う試験を受け、合格したのちに認定会員になる手続きをする必要があります。

試験は1年に1回しかなく、合格率は約30%とやや難易度は高いので事前準備をしっかりして挑みましょう。

ホームインスペクターは目視で診断を行うので中古住宅のすべて診断できるわけではありませんが、メンテナンスの目安を立てたり精密検査が必要な個所を見つけたりするのにとても役立ちます。

安心して中古住宅を購入したい人、トラブルを未然に防ぎたい売主、中古住宅の流通を促進したい国からとても注目されている資格です。

不動産関係、建築関係で仕事の幅やチャンスを広げたい人におすすめの資格と言えるでしょう。

中古住宅の売買はホームインスペクターの診断があると安心ですね。

プロによる中立の立場での診断してもらえるのはとても嬉しいシステムですね。

コメント